【ミットの中心】キャッチャーミットのポケット位置は?深いポケットの作り方を解説!

キャッチャーミット ポケット キャッチャーミット
スポンサーリンク

※当サイトは記事内にアフィリエイト広告、商品プロモーションを含む場合があります。

はじめに

「キャッチャーミットのポケット位置と、深いポケットの作り方を知りたい。」

そんなあなたに、野球ブロガーのグルテン小松(@koma_gloves)がキャッチャーミットのポケット位置と、深いポケットの作り方を解説していきます。

筆者はキャッチャーミットを4-5個使用した実績があります。

キャッチャーミットのポケット位置は、ウェブ下よりボール1個分下が理想とされています。

この記事を読むことによって、

  • キャッチャーミットのポケット位置
  • 深いポケットの作り方

について学ぶことができます。

ミット紹介

今回は久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットを参考に、ポケット位置の解説をさせていただきます。

久保田スラッガー キャッチャーミット

過去の記事で、久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットをレビューしています。

【KSM-037】久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットをレビューしてみた! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

ポケット位置

キャッチャーミットのポケット位置は、ウェブ下からボール1個分下、ミットの中心が理想とされています。

下の画像、赤い丸を付けた部分です。

キャッチャーミット ポケット

このポケット位置で捕ると、ミットにダメージが少なく、音も鳴りやすいです。

ZETTベースボールチャンネルの、小林誠司選手のミット解説動画を参考にさせていただきました。

なぜこの位置が理想とされているかを、次の項目から詳しく解説していきます。

ミットが破けにくい

理想のポケットで捕球できると、キャッチャーミットが長持ちします。

ウェブ寄りにポケットを作ると、ウェブとミットを繋ぐ紐が破れることが多いです。

下の画像の青い丸で囲われた部分です。

キャッチャーミット 紐

プロ野球レベルになると、捕球面が裂けるということもあります。

下記の動画では、ロッテの松川虎生選手のキャッチャーミットが紹介されています。

0:45あたりから、松川選手のミットが紹介されています。

松川選手は親指寄りのウェブ側で捕球するタイプです。

1年使った結果、捕球面が裂けてしまっています。

もちろん選手によって捕球のタイプは違いますが、ウェブ側で捕るとミットへのダメージが大きいです。

そのため、ミットが破けにくい、中心にポケットを作ることをおすすめします。

音が鳴る

キャッチャーミットの中心にポケットを作ると、音が鳴りやすいです。

ミットの中心で捕球をし続けることによって、ポケットが深くなります。

ポケットが深くなることで、ボールが収まりやすくなり、安定して音が鳴ります。

下記の動画では、横浜の戸柱選手がキャッチング練習をしています。

戸柱選手は捕球位置が一定で、ほとんどミットの中心で捕球しています。

ミットの中心で捕球することで、良い音が鳴りやすくなります。

深いポケットの作り方

最後に、深いポケットの作り方を解説します。

深いポケットを作るためには、一定の位置でボールを受け続け、ポケットにくぼみを作ることが大切です。

そのため、キャッチボールやピッチャーの球を受け、正確な位置でキャッチングすることが、ポケットを作る近道です。

バッティングセンターのマシンでボールを受けるという手もあります。

バッティングセンターのボールは重いため、ポケットをより形成しやすいです。

おわりに

今回はキャッチャーミットのポケット位置と、深いポケットの作り方について解説させていただきました。

キャッチャーミットのポケット位置と、深いポケットの作り方は、

  • ウェブ下からボール1個分下、ミットの中心
  • 心にポケットを作ると、音が鳴りやすい
  • ボールを受け続けることで、深いポケットができる

などが有効です。

下記の記事では、キャッチャーミットの手入れ方法を解説しています。

キャッチャーミットの手入れ方法について知りたいあなたに、読んでいただきたい記事になっています。

【ブラシが大切】キャッチャーミットの手入れ方法は?実際に磨いてみた! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました