【ブラシが大切】キャッチャーミットの手入れ方法は?実際に磨いてみた!

久保田スラッガー キャッチャーミット キャッチャーミット
スポンサーリンク

※当サイトは記事内にアフィリエイト広告、商品プロモーションを含む場合があります。

はじめに

「キャッチャーミットを手入れしたいけれど、手入れ方法がわからない…。」

そんなあなたに、野球ブロガーのグルテン小松(@koma_gloves)がキャッチャーミットの手入れ方法を解説します。

キャッチャーミットの手入れ方法は、通常のグラブと同じ工程で磨いていくのが正解です。

この記事を読むことによって、

  • キャッチャーミットの手入れ方法
  • キャッチャーミットの手入れ用品

について学ぶことができます。

ミット紹介

実際にキャッチャーミットを手入れしながら、手入れの方法を解説していきます。

今回手入れするのはこちら。

久保田スラッガー キャッチャーミット

久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットです。

過去の記事で、久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットをレビューしています。

【KSM-037】久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットをレビューしてみた! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

汚れ具合

久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットの、捕球面がこちら。

久保田スラッガー キャッチャーミット

週末の試合でキャッチャーミットを使ったため、捕球面と背面に土が染みています。

ポケット周りに汚れや擦れができています。

背面の画像がこちら。

久保田スラッガー キャッチャーミット

指カバーや小指側に土汚れがあります。

この状態から手入れを行って、キレイなキャッチャーミットにしていきます。

キャッチャーミットの手入れ方法

キャッチャーミットの手入れ方法は、グラブと全く同じです。

キャッチャーミットの手入れ方法は、

  • ブラシで砂やほこりを落とす
  • クリーナーで汚れを取る
  • 乾燥していたらオイルを塗る

の3つです。

これらの工程は、通常のグラブ手入れと変わらないです。

過去の記事で、グラブ手入れの方法を解説しています。

【〇〇と同じ】グラブ手入れの方法は?オイルの塗るタイミングも解説! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

ブラシ

まず、ローリングスの馬毛ブラシでキャッチャーミットの砂やほこりを落とします。

ローリングス 馬毛ブラシ

過去の記事で、ローリングスの馬毛ブラシをレビューしています。

【グラブ手入れに必須】ローリングスの馬毛ブラシをレビューしてみた! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

ここで、キャッチャーミットを磨くうえでの注意点があります。

キャッチャーミットのヘリ革や紐は、通常のグラブに比べて長いです。

ヘリ革や紐が長いため、砂が溜まりやすくなっています。

そのため、キャッチャーミットはグラブより時間を取って、細かい部分までブラシをかけます。

下記の動画でも、ヒモにこだわってキャッチャーミットの手入れをしています。

紐とヘリ革は、キャッチャーミットを手入れする上で重要なポイントです。

通常のグラブよりも長めに時間を取って、ブラッシングをしましょう。

クリーナー

キャッチャーミットにブラシをかけて、砂やほこりを落としました。

その後は、ワールドペガサスのガツ落ちクリーナーとネットブラシを使って、土汚れを落とします。

ワールドペガサス ガツ落ち クリーナー ネットブラシ

過去の記事で、ワールドペガサスのガツ落ちクリーナーをレビューしています。

【便利】ワールドペガサスのガツ落ちクリーナーとネットブラシをレビューしてみた! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

ワールドペガサスのガツ落ちクリーナーは、タオルなどにつけてミットを磨いても問題ありません。

ただし、ワールドペガサスのガツ落ちネットブラシを使うと、より汚れが落ちやすくなります。

ワールドペガサスのガツ落ちネットブラシは繰り返し洗うことができるため、おすすめの手入れ用品です。

手入れ完了

ブラシとクリーナーを使って、キャッチャーミットを手入れしました。

手入れ後のキャッチャーミットの捕球面がこちら。

久保田スラッガー キャッチャーミット

土汚れが取れて、ピカピカになっています。

手入れ後のキャッチャーミットの背面がこちら。

久保田スラッガー キャッチャーミット

こちらもピカピカになって、ツヤが出ています。

キャッチャーミットに限らず、グラブなどの汚れを落とすだけでも、十分にツヤがでます。

オイル

今回の手入れではクリーナーでしっとり感が出ていたため、オイルを塗りませんでした。

オイルはミットが乾燥しているときに、薄めに塗るのがおすすめです。

オイルを塗るときは、ドナイヤのグラブワックスを使っています。

ドナイヤ オイル

過去の記事で、ドナイヤのグラブワックスをレビューしています。

【グラブが重くなりにくい】ドナイヤのグラブワックスをレビューしてみた! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

手入れ後の保管

キャッチャーミットの手入れをした後は、S字フックをウェブに引っかけて保管するのがおすすめです。

キャッチャーミット 保管

S字フックを引っかけることで、ウェブのバランスが整い、形のよいキャッチャーミットになります。

過去の記事で、S字フックを引っかけるキャッチャーミットの保管方法について解説しています。

【必見】キャッチャーミットの保管方法!プロも実践する保管方法を解説! | グルテン小松の草野球ブログ (glutenkomatsu.com)

おわりに

今回はキャッチャーミットの手入れ方法を解説させていただきました。

キャッチャーミットの手入れ方法は、

  • グラブと同じ
  • ブラシとクリーナーが重要
  • 砂やほこりは時間をかけて落とす

の3つがポイントです。

キャッチャーミットの手入れでは、特にヘリ革や紐のブラッシングが大切です。

ローリングスの馬毛ブラシは700円くらいと安価なため、おすすめです。

下記の記事では、おすすめのグラブオイルを解説しています。

おすすめのグラブオイルについて知りたいあなたに、読んでいただきたい記事になっています。

【コスパ最強】野球ブロガー厳選!おすすめのグラブオイル3選! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました