【ブラシが大切】ファーストミットの手入れ方法は?実際に磨いて解説してみた!

ミズノ グローバルエリート 硬式用 ファーストミット ファーストミット
スポンサーリンク

※当サイトは記事内にアフィリエイト広告、商品プロモーションを含む場合があります。

はじめに

「ファーストミットを手入れしたいけれど、手入れ方法がわからない…。」

そんなあなたに、野球ブロガーのグルテン小松(@koma_gloves)がファーストミットの手入れ方法を解説します。

ファーストミットの手入れ方法は、通常のグラブ手入れと同じで問題ありません。

この記事を読むことによって、

  • ファーストミットの手入れ方法

について学ぶことができます。

ミット紹介

今回はミズノグローバルエリートの硬式用ファーストミットを参考に、手入れ方法を解説していきます。

ミズノ グローバルエリート 硬式用 ファーストミット

週末の試合で使用して、捕球面が汚れてしまっています。

ミズノ グローバルエリート 硬式用 ファーストミット

今回は汚れてしまった捕球面をメインに、ファーストミットの手入れをしていきます。

ファーストミットの手入れ方法

ファーストミットの手入れ方法は、グラブと全く同じです。

ファーストミットの手入れ方法は、

  • ブラシで砂やほこりを落とす
  • クリーナーで汚れを取る
  • 乾燥していたらオイルを塗る

の3つです。

これらの工程は、通常のグラブ手入れと変わらないです。

ブラシ

まず、馬毛ブラシでファーストミットの砂やほこりを落とします。

筆者はローリングスの馬毛ブラシを愛用しています。

ローリングス 馬毛ブラシ

馬毛ブラシをかけることで、ファーストミットについた砂やほこりを落とすことができます。

ブラシをかけた後がこちら。

ミズノ グローバルエリート 硬式用 ファーストミット

ブラシをかけるだけで、砂やほこりを落とすことができました。

ファーストミットはウェブも汚れやすいため、全体に時間をかけてブラッシングしましょう。

クリーナー

次に、クリーナーで全体の汚れを落とします。

今回はワールドペガサスのガツ落ちクリーナーを使いました。

ワールドペガサス ガツ落ち クリーナー ネットブラシ

クリーナーで磨くことで、革に入り込んだ汚れを取ることができます。

クリーナーで磨いた後がこちら。

ミズノ グローバルエリート 硬式用 ファーストミット

染みこんだ土汚れを落とすことができました。

クリーナーを使った後は、油分や水分が抜けるまで少し乾かします。

オイル

最後に、オイルを塗ります。

なお、オイルを塗るのはグラブが乾燥している場合です。

乾燥していないときにオイルを塗り過ぎると、オイルの膜ができてしまい、グラブが重くなる原因になります。

今回は少し乾燥しているため、ミズノのストロングオイルを塗ります。

ミズノ ストロングオイル

ミズノのストロングオイルを、薄く薄く伸ばしていきます。

オイルを塗ったあとがこちら。

ミズノ グローバルエリート 硬式用 ファーストミット

捕球面がしっとりして、ツヤが出ています。

オイルを塗ったことで、グリップ力が上がりました。

捕球面だけでなく、平裏やヘリ革にもオイルを塗って、乾燥させないようにするのも重要です。

おわりに

今回はファーストミットの手入れ方法を解説させていただきました。

ファーストミットの手入れ方法は、

  • グラブと変わらない
  • まずは汚れを落とす
  • 乾燥していたらオイルを塗る

の3つを守れば問題ありません。

特に、馬毛ブラシで砂やほこりなどの汚れを落とす工程は、とても重要です。

ローリングスの馬毛ブラシは、900円程度で購入することができます。

Rawlings
¥880 (2024/03/16 09:36時点 | Yahooショッピング調べ)

下記の記事では、ファーストミットの型付け方法を解説しています。

ファーストミットの型付け方法について知りたいあなたに、読んでいただきたい記事になっています。

【失敗しない!】ファーストミットの型付け方法を解説! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました