【どのサイトよりも詳しく解説!】キャッチャーミットの人気ランキング5選!

キャッチャー キャッチャーミット
スポンサーリンク

※当サイトは記事内にアフィリエイト広告、商品プロモーションを含む場合があります。

はじめに

「キャッチャーミットの人気ランキングを知りたい。」

そんなあなたに、野球ブロガーのグルテン小松(@koma_gloves)がキャッチャーミットの人気ランキングを調査しました。

人気ランキング1位は、ハタケヤマのキャッチャーミットです。

この記事を読むことによって、

  • キャッチャーミットの人気ランキング

について学ぶことができます。

ランキング

キャッチャーミットの人気ランキングは以下の通りです。

1位ハタケヤマ
2位ミズノ
3位ZETT
4位ローリングス
5位玉澤

各メーカーごとに、キャッチャーミットの特徴を解説させていただきます。

ハタケヤマ

人気ランキング第1位は、ハタケヤマのキャッチャーミットです。

ハタケヤマは特にキャッチャーミットが評判のメーカーです。

ハタケヤマを愛用しているプロ野球のキャッチャーやブルペンキャッチャーは、とても多いです。

ハタケヤマのキャッチャーミットで人気の型は、2つあります。

ハタケヤマで人気のあるM8とM19というキャッチャーミットを、それぞれ解説していきます。

M8

ハタケヤマのキャッチャーミットで人気のある、M8という型を解説していきます。

ハタケヤマのM8はオーソドックスな大きさで、ポケットが深いキャッチャーミットです。

どちらかといえば捕球重視の設計で、キャッチャー初心者にもおすすめのミットです。

ハタケヤマのM8は、アマチュアからプロ野球選手まで使用する型です。

キャッチャーミットといえばハタケヤマ、ハタケヤマといえばM8、というくらい有名な型になります。

元中日の谷繁元信さんもM8をベースにしたキャッチャーミットを使用されていました。

現在横浜DeNAの伊藤光選手も、ハタケヤマのM8を使用しています。

ハタケヤマは伊藤選手モデルの軟式用キャッチャーミットが発売されています。

M8はハタケヤマのキャッチャーミットであり、超ロングセラーで、人気があります。

M19

ハタケヤマにはもう1つ、ここ数年で大人気になったキャッチャーミットがあります。

それは、ソフトバンクの甲斐拓也選手が使用している、M19という型です。

下記のリンクが、甲斐選手モデルの軟式用キャッチャーミットです。

甲斐選手が使用するハタケヤマのM19は、M8とは対照的なキャッチャーミットです。

ハタケヤマのM19は、M8より小さめのサイズで、ポケットが浅い型です。

ポケットが浅いため、ボールを掴むのが難しいですが、その分捕ってからの握り替えが早くなります。

甲斐選手は盗塁阻止率がとても高いキャッチャーです。

過去には日本シリーズで8個盗塁を刺し、MVPに輝いた実績もあります。

甲斐選手モデルのM19は、どちらかといえば上級者向けのキャッチャーミットです。

しかし、甲斐選手の活躍もあり、M19を購入する選手が続出するなど、人気のある型になっています。

その他の型番

他にもハタケヤマでは、

  • M8をシャープにしたM9
  • ツーピースウェブのM02

など、特徴のあるキャッチャーミットが発売されています。

ハタケヤマのキャッチャーミットは、プロからアマチュアまで、人気のある型番が揃っています。

(クリックでハタケヤマの製品紹介ページへ)

ミズノ

人気ランキング第2位は、ミズノのキャッチャーミットです。

ミズノのキャッチャーミットは、2023年からリニューアルされ、主に3種類の型に絞られました。

リニューアルされた後のミズノは、號シリーズといいます。

號シリーズにリニューアルしたことによって、ミズノのキャッチャーミットは型がわかりやすくなりました。

號シリーズは、

  • B-D型…大きめサイズでポケットが深め
  • M-R型…中間サイズでポケットの深さ中間
  • S-S型…小さめサイズでポケットが浅め

の3型です。

それぞれ解説していきます。

B-D型

1つ目は、B-D型です。

B-D型は、Big&Deepの略で、大きめサイズでポケットが深い型です。

プロ野球では巨人の大城選手や中日の木下選手、広島の坂倉選手などがB-D型を使用しています。

大きめサイズでポケット深めなため、最も捕球重視の型です。

B-D型は、捕ることを重視するあなたにおすすめのキャッチャーミットです。

M-R型

2つ目は、M-R型です。

M-R型は、Middle&Regularの略で、中間サイズでポケットの深さも中間です。

プロ野球では広島の曾澤選手、ソフトバンクの栗原選手などがM-R型を使用しています。

クセがなく扱いやすい形で、誰でも使いやすい型です。

M-R型は、クセがなく、操作性を重視するあなたにおすすめのキャッチャーミットです。

S-S型

3つ目は、S-S型です。

S-S型は、Small&Shallowの略で、小さめサイズでポケットが浅い型です。

プロ野球では楽天の炭谷選手、ロッテの田村選手などがS-S型を使用しています。

S-S型はコンパクトでポケットが浅い型です。

S-S型は、操作性と送球の握り替えを重視するあなたにおすすめのキャッチャーミットです。

ZETT

人気ランキング第3位は、ZETTのキャッチャーミットです。

ZETTのキャッチャーミットは、多くのプロ野球選手が使用してきた実績があります。

ZETTは元ヤクルトの古田敦也さんや、元西武の伊東勤さんなど、名選手がキャッチャーミットを愛用してきました。

現在でも、ZETTのキャッチャーミットを愛用しているプロ野球選手はとても多いです。

そんなZETTから、プロモデルで人気のキャッチャーミットを3つピックアップして紹介していきます。

小林モデル

1つ目は、巨人の小林誠司選手モデルのキャッチャーミットです。

過去の記事で、小林選手のキャッチャーミットを詳しく解説しています。

【巨人】小林誠司選手のキャッチャーミットの特徴を解説してみた! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

小林モデルのキャッチャーミットは、縦型でポケットが深く、捕球重視になっています。

高校野球でも高いシェア率を誇るなど、人気のあるキャッチャーミットです。

クセがなくフィット感が高いため、キャッチャー初心者にもおすすめです。

中村モデル

2つ目は、ヤクルトの中村悠平選手モデルです。

過去の記事で、中村選手のキャッチャーミットを詳しく解説しています。

【ヤクルト】中村悠平選手のキャッチャーミットの特徴を解説してみた! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

中村モデルのキャッチャーミットも、小林モデルと同じく、縦型でポケット深めの捕球重視です。

中村モデルのキャッチャーミットはオリジナルバックスタイルになっており、開閉がしやすいです。

一般にも販売されている、中村選手のこだわりが詰まったキャッチャーミットです。

森モデル

3つ目は、オリックスの森友哉選手モデルのキャッチャーミットです。

森モデルのキャッチャーミットは、横型でポケットがやや深めです。

また、バックスタイルが窓が空いている、スタンダードバックになっています。

スタンダードバックになることで、窓が空いている分の軽量感が生まれます。

横型のスタンダードバックにこだわるあなたにおすすめのキャッチャーミットです。

ローリングス

人気ランキング第4位は、ローリングスのキャッチャーミットです。

ローリングスのキャッチャーミットは、メジャーリーガーが多く愛用しています。

軟式用では、派手なデザインが多いという特徴があります。

型としては、コンパクトでポケットが深いキャッチャーミットが多いです。

ポケットの深さやデザインを重視するあなたは、ローリングスのキャッチャーミットがおすすめです。

玉澤

人気ランキング第5位は、玉澤のキャッチャーミットです。

玉澤のキャッチャーミットは、革のハリが抜群です。

玉澤の軟式用キャッチャーミットは、一般的な硬式用キャッチャーミットと比較しても、劣らない革のハリがあります。

また、ネット通販だと2万円前後で玉澤の軟式用キャッチャーミットを買うことができます。

玉澤のキャッチャーミットは、コストパフォーマンスが抜群で、長持ちします。

おわりに

今回はキャッチャーミットの人気ランキングを紹介させていただきました。

キャッチャーミットは、

  • ハタケヤマ
  • ミズノ
  • ZETT

の他に、ローリングスや玉澤も人気です。

下記の記事では、久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットをレビューしています。

久保田スラッガー キャッチャーミット

久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットについて知りたいあなたに、読んでいただきたい記事になっています。

【KSM-037】久保田スラッガーの軟式用キャッチャーミットをレビューしてみた! | グルテン小松の野球メディア (glutenkomatsu.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました